ダラダラプンプン脱却計画

ダラダラプンプン脱却計画

 

 

汗がダラダラしたたり落ちる。

 

臭いがプンプン、人に迷惑をかける。

 

 

それでいいんですか?ダラダラプンプン脱却計画を立てましょう!

 

 

汗をかくとニオイがしない時とする時とがあります。同じ汗のはずなのに、どうしてニオイがするのでしょうか。
通常、健康な人の汗というのは全身から発汗してサラサラしているため乾いてしまえばあまり気になりません。

 

 

 

ですが生活リズムが崩れている、食生活が洋食に傾いている、運動不足になってしまうと汗のニオイが気になります。特に体の一部分だけやたら汗をかくという人は、他の汗腺が働いていなくて一部に発汗が集中しています。同時に汗だけではなく皮脂やミネラルなども分泌するために、ベタベタとした不快な汗になってしまうのです。元々、汗というのはニオイがしないものなのですが肌表面にある雑菌やミネラルなどの成分と混ざり合うことで、汗のニオイを作り出しています。

 

このような汗の対策としては、まず生活の中で何が原因になっているのか見直すことが必要です。またサラサラの汗に変えるために手っ取り早い方法は、しっかりと汗をかく生活習慣を送ることです。運動をしたり半身浴をして汗をかけば、さぼっている汗腺も働くようになり、汗が正常に分泌するようになります。

 

 

つい汗が気になると水分補給を控えがちになってしまいますが、しっかり汗をかくためには水分は欠かせません。たっぷり飲んでしっかり汗をかくことが大切です。

 

ですがこれだけでは不十分なニオイの汗もあります。ワキガのような症状の場合、エクリン腺だけではなくアポクリン腺が多いことが原因でニオイが発生しています。汗をかけばニオイが気になりますし、服にシミがついたりして困ります。周囲にもバレているのか気になりますね。アポクリン腺の多い少ないは生まれつき決まっていますので、仕方ないとも言えます。

 

 

アポクリン腺から分泌した汗が雑菌と混じることで悪臭を作り出してしまいます。つまりワキガのようなきついニオイの場合には、原因菌を殺菌することで軽減させることができます。
殺菌効果のあるクリームを塗ったり、ニオイがついて悪臭の原因になる服をこまめに着替えることなどで対処することもできます。

 

 

ワキガ治療の種類とは?

 

 

ワキガ対策には、清潔にする、食生活の改善など、様々なものがあります。
ワキガの原因には様々なものがありますが、中でも深刻なのが、遺伝によるものです。
ワキガ体質の場合は、自分でいくら対策を行っても、改善は難しい場合もあります。

 

 

そんな時には、クリニックでの治療も検討してみましょう。
今回は、クリニックでのワキガ治療の種類について、解説したいと思います。
一番手軽に行えるのが、薬によるワキガ改善です。
汗を防ぐ効果がある薬を、脇に塗る治療法です。

 

 

塗るだけと簡単で安価で治療が可能ですが、体質によっては合わない場合もあります。
ただ、汗を抑える効果しかないので、根本的な解決には至りません。
次に考えられるのが、ボトックス注射による治療です。

 

 

これも汗を減らすことができる治療法で、その効果は数か月続きます。
一回で治療も終わりますし、手術法に比べるとリスクも少ないです。
ただ、効果を持続させるには定期的に打ち続ける必要もあり、お金もかさんでしまいます。

 

 

根本的な解決をお考えの方には、汗腺を減らす治療法がお勧めです。
まず考えられるのが、レーザーで汗腺を減らす方法です。

 

 

メスを入れる必要もないので、傷も残りませんし、治療も一回で終わります。
ただ、汗腺を全て取り除けるわけではないので、強い効果をお望みの方は、他の方法を考えましょう。
もう一つ切らないワキガ治療として考えられるのが、電気凝固法です。

 

 

汗腺を電気で固める方法で一定の効果を発揮してくれて、傷やダウンタイムもありません。
ただ、複数回行う必要があるため、治療費も高くなってしまいます。
強い効果を求める人には、脇を切開する方法がよいと思います。

 

 

剪除法は、脇の汗腺を除去する治療法です。

 

効果が高く保険も適応される場合もあり、安価での治療も可能です。
ただ、傷が残ってしまいますし、傷が塞がるまでに期間を要します。

 

ワキガ治療には、様々なものがあります。
ワキガの状態によっても最適な治療は違うので、よく考えてから受ける治療を決めてください。

 

 

クリアネオパール