ダラダラプンプン脱却計画

ダラダラプンプン脱却計画

 

 

汗がダラダラしたたり落ちる。

 

臭いがプンプン、人に迷惑をかける。

 

 

それでいいんですか?ダラダラプンプン脱却計画を立てましょう!

 

 

汗をかくとニオイがしない時とする時とがあります。同じ汗のはずなのに、どうしてニオイがするのでしょうか。
通常、健康な人の汗というのは全身から発汗してサラサラしているため乾いてしまえばあまり気になりません。

 

 

 

ですが生活リズムが崩れている、食生活が洋食に傾いている、運動不足になってしまうと汗のニオイが気になります。特に体の一部分だけやたら汗をかくという人は、他の汗腺が働いていなくて一部に発汗が集中しています。同時に汗だけではなく皮脂やミネラルなども分泌するために、ベタベタとした不快な汗になってしまうのです。元々、汗というのはニオイがしないものなのですが肌表面にある雑菌やミネラルなどの成分と混ざり合うことで、汗のニオイを作り出しています。

 

このような汗の対策としては、まず生活の中で何が原因になっているのか見直すことが必要です。またサラサラの汗に変えるために手っ取り早い方法は、しっかりと汗をかく生活習慣を送ることです。運動をしたり半身浴をして汗をかけば、さぼっている汗腺も働くようになり、汗が正常に分泌するようになります。

 

 

つい汗が気になると水分補給を控えがちになってしまいますが、しっかり汗をかくためには水分は欠かせません。たっぷり飲んでしっかり汗をかくことが大切です。

 

ですがこれだけでは不十分なニオイの汗もあります。ワキガのような症状の場合、エクリン腺だけではなくアポクリン腺が多いことが原因でニオイが発生しています。汗をかけばニオイが気になりますし、服にシミがついたりして困ります。周囲にもバレているのか気になりますね。アポクリン腺の多い少ないは生まれつき決まっていますので、仕方ないとも言えます。

 

 

アポクリン腺から分泌した汗が雑菌と混じることで悪臭を作り出してしまいます。つまりワキガのようなきついニオイの場合には、原因菌を殺菌することで軽減させることができます。
殺菌効果のあるクリームを塗ったり、ニオイがついて悪臭の原因になる服をこまめに着替えることなどで対処することもできます。