デリケートゾーンが痛い時にどのような対策をするべきか

デリケートゾーンが痛い時にどのような対策をするべきか

デリケートゾーンが痛くて困っていませんか?

 

 

デリケートゾーンが痛いのには理由がいくつか考えられます。ここではその原因についてまとめました。・下着が擦れる デリケートゾーンの痛みで多いのが、下着で肌が擦れる時です。デリケートゾーンは肌が敏感ですから、下着の裁縫が良くなかったり、縫い合わせの部分がデリケートゾーンに触れたまま擦れるような状態になると、肌が切れてしまう事やチクチクした痛みを生じる事があります。

 

 

対策としては肌への負担が小さくて、肌触りがいい下着を選ぶ事でしょう。下着を見た目で選ぶよりもデリケートゾーンの痛みの緩和のために肌触りのいいものを買うようにしましょう。・外陰炎を生じている 痛みがかなり大きいのが外陰炎です。この病気は女性のデリケートゾーンの外側に起きる炎症の事を言います。デリケートゾーンの外側に起きる炎症の事を外陰炎というのですから、下着の擦れによる炎症も広い意味では外陰炎と言えます。ただ、分かりやすいようにここでは別として考えましょう。外陰炎はウイルスや細菌などが原因になりデリケートゾーンに炎症が発生します。これに伴い痛みや痒みが出てきます。

 

 

フェミニーナ軟膏などは炎症に有効で痛みや腫れを抑える事ができます。しかし、ウイルスや細菌が原因で起きている時には十分ではありません。3日ほど使用してみてそれでも改善が見られない時は病院で診てもらうようにします。・外陰潰瘍による痛み 外陰潰瘍になってもデリケートゾーンに痛みを生じる事があります。外陰潰瘍の症状としては外陰にクレーターのようなおよそ1cmの色の異なる部分が出てくる。

 

 

熱が出てくるなどがあります。デリケートゾーンを清潔に保つ事が予防になると考えられています。もしもできてしまった時には病院で診察してもらい軟膏を塗るようにすれば2週間程度で治ります。デリケートゾーンの痛みの原因はたくさんあります。痛みを感じる時には医師に診断してもらうのが安全です。自分でも分からない時には早めに医師に相談しましょう。