汗をかきにくくするには天然繊維の服を着るのがおすすめ

汗をかきにくくするには天然繊維の服を着るのがおすすめ

夏になると服装については薄手のものを着用できるので冬と違っておしゃれをしやすくなるものですが、暑い分汗をかきやすくなってしまって恥ずかしく感じることも多いです。人によっては特に動くことがなくじっとしていても汗をかいてしまうという人がいて、脇や背中など特定の部分に汗が目立つという人もいます。

 

 

なので夏場においては毎日の服装に関してグレーや濃い目の色など汗の目立つ色の服を着用できなかったり、少し厚手のものや重ね着は避けなければいけなかったりと何を着用する時でもまず汗を気にしながら過ごさなければいけない状態になります。じっとしていても汗をかくようであれば簡単には汗を抑える方法がなさそうにも思えますが、実は着用する服装を何にするかによって汗の出方は変わってくるものです。

 

 

例えば汗をたくさんかいたとしても早く乾くというドライ機能の付いた服については、汗で濡れてもすぐに乾くというメリットがあります。しかしそのような服に関してはポリエステルやナイロンなどの化学繊維でできていることがほとんどであり、周りの温度の影響を受けやすいので服自体の温度が上がってしまうことが多いのです。そのため服の内部までも温度が上昇し、人によっては着用するだけで汗をひどくかいてしまうこともあります。

 

 

なので汗をかきやすい人は、化学繊維の服についてはスポーツをする時など特定のシチュエーションの時にだけ短時間着用するのが適しています。逆に綿や麻などの天然繊維でできている服については一旦汗で濡れてしまうと簡単には乾かないのですが、周囲の温度の影響を受けにくいので化学繊維の服を着用するよりは汗をかきにくく、何もしなくても汗をかきやすいという人にはかえって適しているのです。

 

 

汗をかきやすくて困っているという人は一度自分の持っている服装について繊維が何でできているかを見返し、今後はデザインで服を選ぶよりも天然繊維でできている服を優先して選ぶべきです。